3つのポイントをおさえて、快適な羽毛布団選びを!

2019.03.12


「羽毛布団」といってもいろいろありすぎて、
どれを選べばいいのかわからない…。
そんな人も多いのではないでしょうか?
決して安いものではないし、
長く使うものだからこそ、失敗はしたくないですよね。
質の良い羽毛布団を選び、快適な睡眠を得るためには、
次の3つのポイントに注目しましょう!

<ポイント①羽毛の量>
羽毛布団の「羽毛」とは、
主にグース(がちょう)やダック(鴨)をはじめとした水鳥の胸に生えている、
芯のない綿羽(ダウン)のこと。
良質なダウンは、タンポポの綿毛のようにフワフワとしていて、
寒いときには広がって空気をたくさん含みます。
逆に暑いときには、縮んで通気性を上げ、
汗などの湿気を吸い取り外へ放出する特性があります。
だからこそ羽毛布団は「冬に暖かく、夏はさわやか」が叶うんです。

羽毛布団の暖かさは「いかに空気をためこめるか」で決まります。
羽毛が多ければ多いほど、空気の層がたくさんできるため、
暖かさが増すというわけです。

一般的な羽毛布団の中には、およそ1.2kgの原毛が入っています。
肌掛けなら約0.4kg、合い掛けなら約0.8kgと、
ボリュームはさまざまなので、利用する季節に合わせて選びましょう。


<ポイントその2.羽毛の種類>
たとえ羽毛の量が同じであっても、
空気を含む量は羽毛の質によって異なるため、
暖かさにも違いが生まれます。ダウンボールのサイズが大きい方が、
空気をより多く含むことができるので、小さなダックよりもグース、
さらに数年育ったマザーグースのほうが、上質だとされています。

また生息する地域が寒冷であることも、さらなる高品質の証になります。
北極地方のアイスランドやグリーンランドの海岸にのみ生息する
「アイダーダック」は、超高品質ダウンとして知られています。


<ポイントその3.縫製と生地>
布団の中の羽毛が偏らないように、
工夫された縫製(キルト)であることも重要なポイント。
外側の生地が柔らかく、
体にフィットするかどうかも確かめてから選びましょう。


羽毛の量、種類、そして縫製と生地。
外から見ただけではわからないことは、タグなどでしっかりチェック!
3つのポイントを意識しながら、快適な羽毛布団を選んでくださいね。


■ほかの羽毛布団の記事はこちら
知っ得羽毛布団1
知っ得羽毛布団2
冬寝具の役割

■羽毛布団の商品一覧はこちら
商品情報
トップへ