腰痛を軽減するには「正しい寝姿勢」を保つこと

2017.06.02

正しい寝姿勢というのは
「立った姿勢が横になったときも保たれている状態」。

柔らかすぎる敷き寝具は体が沈みこむため、
体の中で最も重い腰の部分だけが沈んでしまいます。

逆に硬すぎる敷き寝具は、腰や肩に体圧が集中するため、
しびれや痛みを引き起こします。

正しい寝姿勢を保つためには、
「体圧分散」と「寝姿勢保持」が大切となります。
トップへ