腰の痛みに悩んでいる人は●●を変えるべし!

2018.11.05



「長時間座っていると腰が痛くなる」「寝ているだけなのに腰が痛くなる」など、
腰の痛みに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
腰の痛みはとてもやっかいなもので、
その原因は姿勢の悪さや運動不足・加齢・ストレスなど、
さまざまな要素が絡み合っているといわれています。
また、単純な原因でないからこそ、慢性化する人も多いのが現状です。

痛みを感じている人で「寝ているときも痛みを感じる」という人は、
もしかしたらその原因は「敷き布団」にあるかもしれません。
寝具がカラダに合っていないと、腰の痛みを引き起こす可能性があるのです。
仰向けに寝た状態で、カラダと布団の間にすき間がある人は、
布団が硬すぎる証拠。
すき間があると、腰を反らせた状態で寝なくてはならないため、
腰に大きな荷重をかけてしまい、血流が滞って痛みが生じることがあります。

また、布団が柔らかすぎたり、長年使い続けたりすると、
腰の部分だけ布団が凹んでしまい、ハンモックに寝ているような状態に。
こちらも正しい姿勢を保てず、腰に負担がかかりすぎてしまいます。

敷き布団にはいろいろ素材がありますが、オススメしたいのはウレタン素材。
ウレタンは汗や湿気をためこまず、そのまま下に放出してくれます。
日々のお手入れも、朝起きたら壁などに立てかけて、
裏面などに溜まった湿気を逃すだけ。天日干しする必要もないので、
お手軽です。腰の痛みに悩む人だけでなく、忙しい人や年配の人にも最適です。
腰の痛みにお悩みの方は、ぜひ敷き布団のチェックからはじめてみてください。
トップへ