眠れないときは呼吸法による「体内マッサージ」を

2019.07.09


「眠いのに寝れない」「眠りが浅い」と感じている人は、
呼吸法を見直してみると快眠につながるかもしれません。
特にパソコンやスマホの画面をずっと見続けている人は、
気づかないうちに呼吸が浅くなりがち。呼吸が浅くなると、
酸素が脳まで届きにくくなり、酸欠状態になってしまいます。
眠る前には、脳をしっかり休められるよう、
呼吸を意識してニュートラルな状態にしましょう。

呼吸法は「体内マッサージ」と呼べるほど、カラダにとって大切。
たとえば、ゆっくりと呼吸すると副交感神経が活性化。
心を休める効果もあり、ストレスも解消されやすくなります。
また自律神経のバランスが改善され血流が良くなることで、
深部体温も低下し、スムーズに入眠しやすくなります。このように、
健康面でのメリットがたくさんある呼吸法。
さらに血液循環が良くなれば、必要な栄養素と酸素が行きわたり、
二酸化炭素や老廃物が回収されるため、美容面でも良いことずくめなんです。

呼吸法を行うときに一番大切なのは、なるべく余計なことを考えないこと。
息を吐くときは悪いものを全部出しきって、
吸うときは良いエネルギーを充電するように行いましょう。
眠る前は、座って簡単にできる「丹田呼吸法」がおすすめ。
夜は、マイナス思考になりやすい時間帯です。
その日の悪いことや嫌なことを吐き出すイメージで、
ゆっくり深い呼吸をすることが、快眠への一歩になります。

布団に入ったけれど、なかなか寝付けないというときには、
寝たままできる「大の字呼吸法」がぴったり。
呼吸に意識を向けているうちに、リラックスでき、カラダも心もほぐれていきます。

今回紹介した「丹田呼吸法」と腹式呼吸初心者向けの「大の字呼吸法」の2つについては、
次回のコラムで詳しくご紹介します。
トップへ