時差ボケに効く「腹時計」のコントロール方法を身につけよう!

2018.10.12


約24時間周期の体内時計によってコントロールされている眠りと目覚め。
私たちの細胞一つひとつには同じリズムが刻まれていて、
脳内のマスタークロックが1日1回光を浴びて正確にリセットしてくれているため、
生活リズムを保てているのです。そんな生活リズムが崩れがちなのが、海外旅行。
体内時計が存在するからこそ、
昼夜が逆転してしまうと「時差ボケ」になってしまうのです。

時差ボケを治すには、旅行先で積極的に光を浴びて、
体内時計を現地のリズムに調整する必要があります。
ただ、光で体内時計をリセットできるのは、1日あたり1~2時間ととても短いんです。
たとえば、ヨーロッパなど日本の裏側まで旅行する場合は、
調整に1週間程度かかる計算です。
海外に移住するなら、ゆっくり調整しても問題ないでしょう。
でも、1週間程度の旅行や短期留学では、
滞在期間の多くを時差ボケに悩まされるのはつらいものですよね。
そんなときに役立つリセット方法が、食事…つまり「腹時計」なのです。

腹時計は習慣によってつくられたシステムで、毎日同じ時間に食事をしていると、
そのタイミングで空腹を感じるようになるというもの。
実はこの腹時計も24時間周期だと考えられており、
なんと体内時計を上回る影響力を持っていると言われています。
ですから、この腹時計をうまく使えば、
海外に行ったときにスムーズに現地の時間に慣れることができるというわけです。

たとえば、アメリカ・ロサンゼルスに旅行する場合――時差は16~17時間なので、
現地での朝食予定時間より16時間程度前から絶食。
機内食には手をつけず、現地入りしてからすぐに朝食を食べるようにすると、
腹時計はその時間を朝食時間と認識してくれるので、
時差の影響を軽減することができます。
ただ、この方法だと、せっかくの機内食が食べられないので、
もったいない気もしますが、そこは少し我慢!時差ボケに負けないよう、
体内時計・腹時計のコントロール法を身につけ、
海外旅行を思いっきり満喫しちゃいましょう!
トップへ