昼間の眠気の回避法 原因その1・いびき

2017.05.15


アンケートで、「いびきをかきますか」と訊いたところ、
「はい」と答えた方は24.5%。
半数近くが「わからない」という回答でした。
寝ている間は無意識なので、わからないのが当然かもしれません。

いびきは睡眠中の脳への酸素不足を伴うこともあるので、
睡眠の質を下げる原因とも考えられます。

いびきは、口の中の筋肉がゆるむことで内側に垂れ下がり、
空気の出入り口が狭くなることで起こります。
普段いびきをかかない人でも
アルコールを飲んだあとはゆるみやすくなってしまいますし、
年齢を重ねるとともに筋力が衰えいびきをかきやすくなります。

また、高さが高すぎるまくらや肥満なども、
のどを圧迫してしまうので、いびきの原因に繋がります。

まくらから見直すなら、
まずは自分の身体に合ったものを選ぶことが大切です。
ポイントは仰向け・横向きどちらの体勢でも寝やすいことです。
横向きに寝ることで仰向けに寝るよりも口が開きにくいため、
いびきを軽減してくれます。

肥満が原因かも?と思うのであれば、
ダイエットにチャレンジをしてみるのもよいのではないでしょうか。
一時的ないびきであれば特に心配はいりませんが、

もし、いびきの音が異常に大きくなったり、
呼吸が時々止まるようであれば
「睡眠時無呼吸症候群」の可能性もありますので、
専門医に相談することも検討してみましょう。

ご自身では気づかないことがほとんどなので、
身の回りの方に聞いてみてください。

トップへ