寝る直前までお酒を飲むのはNG

2016.10.27
m0l5j8lqnzo-david-mao

 

寝付きを良くするために睡眠前に

お酒を飲むという方も多いと聞きます。

確かにお酒を飲むと体温が下がり眠気を誘導しますので、

寝つきは良くなりますが、実はアルコールの力で眠るのは、

一時的に麻酔にかかっているようなものです。

睡眠本来に求められる疲労回復の働きなどは望めません。
アルコールを摂取すると、体内ではすぐに分解作業が始まります。

これは内臓にとって「労力」となり休息ではありません。

つまり、身体に疲れが溜まり「寝た気がしない」「眠りが浅い」と

いう結果を引き起こしてしまうのです。
飲酒はできれば就寝時間の3時間前までに

済ませておくことが理想ですから

よくお酒を飲まれる方は意識してみてください。
トップへ