寝すぎると疲れる理由

2016.12.27
fotolia_119542365_subscription_monthly_m

みなさん疲れをしっかりとろうと思っていつもより長時間寝たら、
なぜだか余計に疲れてしまったり、頭がガンガンしたという経験はありませんか?
睡眠=疲労回復になるはずなのに、なぜ真逆の事態になってしまうのか、不思議に感じる方も多いのでは?
そんなわけで今回は、寝ている間のちょっとした疑問や、巷のうわさなどを検証してみたいと思います。


寝すぎると疲れたり、頭が痛くなるのはナゼ?

寝すぎによる頭痛の原因は、脳の血管によるものと言われております。
寝ているときは脳がリラックスして緊張がゆるみ、脳の血管が拡がるとのこと。
拡がった血管が近くの神経などを刺激するため、頭痛が起こると言われております。
また、寝すぎて疲れるのは、血行不良によるものや、
長時間同じ姿勢でいたために肩や背中の筋肉がコリ、疲れやダルさを感じるようです。
理想の睡眠時間は、6~7時間程度だと言われていますので、
たとえ休日であってもこのくらいの時間を目安に目覚めるようにしましょう。


毛布は掛けふとんの上? ふとんの中?

毛布は、掛けふとんの上にかけて使うのか正しいのか、
掛けふとんの中に入れて使うのが正しいのか、一体どちらなのでしょう。
一説によると、掛けふとんが羽毛の場合は、ふとんの上から使うほうがより暖かさを感じられるそうです。
羽毛は、保温性や放湿性に優れているため、上から毛布をかぶせると暖かさを封じ込めることができるとのこと。
また、毛布の種類によっても違いがあります。
ウールやカシミアなど天然素材の毛布であれば、上でも中でもどちらでも暖かいようですが、
合成繊維のものは吸水性や放湿性がないため、ふとんの上にかけて使用するのが良いそうですよ。


靴下を履いて寝るのはOK? NG?

寒い冬などは、足が冷たくて眠れないことも多いですよね。
そんなとき、靴下を履いたまま寝るという方もいらっしゃるのでは?しめつけ感のある靴下だと、
足先が血行不良をおこすため、よけいに冷たくなってしまうようです。
寝るときに靴下を履くのであれば、しめつけないゆるめの靴下を履くようにしましょう。
また、睡眠中は意外と汗をかいています。合成繊維の靴下だと、汗が発散されずにムレてしまいますので、
コットンやシルクなどの天然繊維の靴下を履くのがオススメですよ。
トップへ