季節に合わせた寝室環境を整えよう

2016.10.27
 

a0790_000358

 

夏に最適な環境とは?
夏の入眠に適した冷房の温度は26~28℃。

寝付いてから2時間程度はこの温度が保てるように

タイマーをセットしておくと快適に寝入ることができます。
「頭寒足熱」という言葉があるように、頭を涼しく、

足元を温めるとよく眠れますので、頭をひんやりさせることで

全身が涼しく感じられるといいます。
また、寝具は通気性に優れた涼しいものを選ぶのがポイントです。

シャリ感とひんやり感のある麻や竹など、

夏ならではの素材を楽しんでみるのもオススメです。

 

冬に快適な環境とは?
冬の暖房の設定温度は18~23℃がおすすめ。

特に冬は乾燥しやすく、お肌はもちろん、鼻や喉なども

乾きやすいので、湿度にも気を配りましょう。

快適なお部屋の湿度は、夏も冬も50%前後です。
ふとんに入ってヒヤリとする感覚が辛いなら、

湯たんぽなどで事前にふとんの中を温めておくのもオススメ。

ぬくぬくした暖かいふとんに入ることで、スムーズに寝入ることができます。

寝具は暖かさでいうとやはり「羽毛ふとん」が一番です。

保温性に富むほか、軽くフィット感も抜群なので、

心地よい眠りを誘ってくれることでしょう。

また、冬ならではのウールやカシミアなどもオススメです。

是非、お試しあれ。
トップへ