入浴と体温のカンケイ

2016.10.27
 

img_4659

 

カラダの内部の温度(深部体温)が下がると、

人は自然と眠さを感じるようになると言われております。

皮膚から体外へ熱を放出させることで、

深部体温は徐々に下がっていくようです。

お風呂に入ると血行がよくなって、血液の循環が活発になり、

手足が温まるのを感じますよね。

その後お風呂から上がると、手足が次第に冷たくなっていくのはそのためとのことです。
トップへ