コツをつかんで昼寝をしよう

2016.10.27
m0l5j8lqnzo-david-mao

 

適正な睡眠時間は人それぞれ違います。

もし朝早くに目が覚めてしまっても、

日中に過度な眠気や体のだるさがなければ心配はいりませんが、

健康の面から考えると、最低でも6時間は眠っておきたいところです。

もし睡眠不足を感じたら、適度な昼寝もおすすめです。

背もたれに深く腰掛ける、机に伏せるというような格好で、

10~20分ほど仮眠をするような意識で昼寝をすると、スッキリします。

寝すぎてしまうと逆効果になることもあるのでご注意を。
トップへ