アロマは快眠へと導いてくれる頼もしいアイテム

2019.04.23


眠る前の準備として大切なのが、リラックスすること。
ですが、仕事・家庭・恋愛、たくさんの悩みを抱えストレスフルな毎日を送っていると、
いざ寝ようと思ったときにも色々考え込んでしまうこともありますよね。
そんなときにぜひ試してほしいのがアロマオイルです。

◆アロマオイルの効能
いい香りを嗅ぐことで、なんとなく心が癒されてリラックスできる。
そんなイメージを持つ方も多いのでは?
具体的に心と体にどのような変化をもたらすのか、ご紹介しましょう。

香りを鼻から吸うと、その良い香りを嗅覚がキャッチ。
不安や緊張、記憶、睡眠などをつかさどる大脳辺縁系は、
ホルモン分泌や自律神経系をコントロールする視床下部へと情報を伝えます。
その結果、心身のバランスを整える効果が期待できます。

また香りが脳に直接働きかけるルートとは別に、
精油の成分が肺や皮ふから毛細血管に直接吸収されるルートでは、
毛細血管から血液中に入った精油成分が全身に運ばれることで、
精神的な緊張が原因のコリや痛みが和らぎます。

◆ニーズに合わせて使えるアロマオイル
アロマオイルと一口に言っても、そのはさまざま。
合成香料と呼ばれる人工的なものは、アロマの効果があまり期待できないため、
植物から抽出された100%ピュアなオイルである「エッセンシャルオイル」を、
ぜひ選んでください。
加えて、なるべく信頼できるブランドのオイルであることも、
チェックしてから購入することをオススメします。

心地よい眠りのために使用するなら、以下のアロマオイルがぴったり!
心身の状態や好みに合わせてお使いくださいね。

・イランイラン………不安を鎮める
・ラベンダー………自律神経のバランスを整える
・ゼラニウム………精神的ストレスが和らぐ
・ローマンカモミール………月経前の神経的なトラブルに効果的
・サンダルウッド………深いリラックス効果が期待できる
・ローズ………ホルモンバランスを調整
・オレンジスイート………頑固な冷えやコリを緩和

◆意外と簡単!アロマオイルの使い方
お湯を入れたマグカップにオイルを数滴垂らせば、湯気と一緒に広がり、
部屋中がいい香りに包まれます。
また、入浴時に浴槽に入れれば、よりいっそうリラックス効果がアップします。
キャリアオイルで薄めて作ったトリートメントオイルを、
体に塗ってマッサージすれば、成分が肌から直接しみこみ、さらに効果的ですよ。
もっと簡単に楽しみたい人は、オイルを数滴しみこませたハンカチやコットンを、
就寝時、枕元に置くという方法もオススメです。

アロマオイルの使用を毎日続けることで、香りがいつの間にか“眠りスイッチ”になります。
嗅ぐだけで眠くなるだなんて、不眠で悩む人にとっては夢みたいなことですよね。
でも気を付けてほしいのが、決して無理しては使わないこと。
快眠に効果的だからといって、気分が悪くなる香りを我慢して嗅ぎ続けるのは逆効果です。
くれぐれも自分好みの香りを優先して使ってください。
少し気分が落ち込んだときや、イライラして眠れないときなど、
アロマを上手に取り入れて、心も体もリフレッシュさせてみてくださいね。
トップへ