ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる

2017.08.07


入浴は血行を促進させ、
体の中心部から体温を上げるため、
眠りに入りやすい状態をつくるのに役立ちます。

就寝の約1時間前、
ぬるめ(38℃~40℃)のお湯にゆっくりと浸かりましょう。

体に負担がかかりにくく、
汗もたくさんかける半身浴もオススメ。

忙しくてシャワーで済ませてしまう方も多いかもしれませんが、
心地よい眠りのためには
まず湯船にゆっくりと浸かり、
体を芯まで温め、
ぽかぽかの状態でおふとんに入ることが大切です。
トップへ