眠りレシピ&コラム

  • レム睡眠とノンレム睡眠ってどう違うの…

    2017.11.30

    睡眠には、眼球が動いて起きているときに近い脳波を表す 「レム睡眠(REM)」と、 そうではない状態の 「ノンレム睡眠(NONREM)」があります。 就寝後すぐの眠りはノンレム睡眠で…

    詳しく見る >
  • 昼夜逆転の生活が人間にとってよくない…

    2017.11.27

    夜に眠り、朝に目覚めるという一定のリズムのことを 「サーカディアンリズム」といいます。 体にその指令を出しているのは脳。 肉体や脳の疲労を回復させるために、 脳が「眠って休みなさい…

    詳しく見る >
  • 種類別のお手入れ方法

    2017.11.23

    羽毛ふとん 「必ずカバーを」 ふとんの側地の傷みや汚れの防止になるので、 必ずカバーをかけて使用してください。 「時々は外に干して乾燥を」 羽毛ふとんは吸湿性・放湿性にすぐれ…

    詳しく見る >
  • 使わないときは??

    2017.11.20

    季節によって使わないふとんは、 干して湿気を逃してから、 通気性の良い袋や使い古しのシーツなどに包み、 防虫剤を入れて湿気の少ないところにしまってください。 長期間圧縮すると 寝…

    詳しく見る >
  • しまい方は重い→軽いの順番

    2017.11.16

    マットレス→敷きふとん→毛布→掛けふとん、のように、 重いものが下になるように収納します。 マットレスや敷きふとんなど重い寝具は 押し入れの下の段、 毛布や掛けふとんなどは 上の…

    詳しく見る >
  • 天日に干して湿気を除去

    2017.11.13

    天気のよい日には寝具を日に干して、 こもりがちな湿気を逃がしましょう。 時間は午前10時頃~午後2時頃までの間の 約2時間がベストです。 午後3時を過ぎると 空気中の湿気が多…

    詳しく見る >
  • その肌荒れ、寝具の汚れが原因かも!?…

    2017.11.09

    寝具が汚れていたり傷んでいると、 ぐっすり眠れないのはもちろん、 肌荒れの原因にも繋がります。 ちなみに当社が行ったアンケートの結果では、 布団を干す頻度・カバーやシーツを洗う頻度…

    詳しく見る >
  • ふっくらとした風合いが人気の「綿毛布…

    2017.11.06

    綿とは思えないほどのしなやかな感触と優雅な光沢、 そしてふっくらとしたあたたかさ。 東京西川の開発によって1985年に誕生したシール織り綿毛布は、 これまでの綿の概念、毛布の概念をす…

    詳しく見る >
  • 毛布の代名詞「ウール」には、不思議な…

    2017.11.02

    ウールの特長といえば、あたたかさや弾力性。 吸湿率はポリエステルの37倍、木綿の2倍。 その秘密は、ウール独特の構造にあります。 あたたかくてさわやか、しかも弾力性も抜群! ウール…

    詳しく見る >
トップへ