眠りレシピ&コラム

  • 睡眠中のちょっぴり恥ずかしいあの行為…

    2016.10.27

        ●いびきを軽減するには 睡眠中の「いびき」。 意識が無いのでかいているのか自分ではわからないかもしれませんが、 気になりますよね。 睡眠中は鼻や舌、のどの奥の…

    詳しく見る >
  • 眠る1~2時間前に入浴しよう

    2016.10.27

        体温が下がり始める時間は、お風呂からあがって 30分ほどした頃と言われております。 ちょうど寝つきがよくなるタイミングなので、 眠る1…

    詳しく見る >
  • トイレは薄明かりで済ませよう

    2016.10.27

    「睡眠時に目が覚める理由」をアンケートで訊いたところ、 「トイレ」との回答が72.5%と圧倒的多数でした。 トイレに起きてそのまま眠れなくなるという場合もあるのではないでしょうか。…

    詳しく見る >
  • コツをつかんで昼寝をしよう

    2016.10.27

      適正な睡眠時間は人それぞれ違います。 もし朝早くに目が覚めてしまっても、 日中に過度な眠気や体のだるさがなければ心配はいりませんが、 健康の面から考えると…

    詳しく見る >
  • バストの形が崩れると、体型までもが崩…

    2016.10.27

    上記のようにバストのお肉がほかの部分に流れてしまうと、 バストサイズが小さくなるのはもちろんですが、 流れたお肉は背中やお腹に移動してしまうので、 全体的にボヨンとした体型に…

    詳しく見る >
  • 毛布は掛けふとんの上? ふとんの中?

    2016.10.27

    毛布は、掛けふとんの上にかけて使うのか正しいのか、 掛けふとんの中に入れて使うのが正しいのか、一体どちらなのでしょう。 一説によると、掛けふとんが羽毛の場合は、 ふとんの上か…

    詳しく見る >
  • 深く呼吸をする

    2016.10.27

    人は緊張すると呼吸が浅くなります。呼吸が浅いと、 十分な酸素が脳に行き届かず、集中力に欠けたりやる気が 出ないなどの弊害があると言われています。 呼吸法はさまざまありますが、…

    詳しく見る >
  • お部屋の温度・湿度

    2016.10.27

      寝室の温度は、冬は15℃、夏は25℃、湿度は50%程度が理想的。 エアコンは就寝1時間後に消えるように、また起床1時間前につくように タイマーセットするとよいで…

    詳しく見る >
  • 寝室の環境を整える

    2016.10.27

        質の良い眠りのためには、寝室の環境を整えることが一番大切。 具体的には、部屋の広さ・温度や湿度・音・光・色彩・香り・セキュリティなどが挙げられます…

    詳しく見る >
  • 睡眠は、美容と健康に欠かせない成分の…

    2016.10.27

    睡眠中には、さまざまな細胞が活発に働きます。 その代表が、疲労回復や肌の再生を促してくれる成長ホルモン。 この成長ホルモンがもっとも活発に分泌されるのは、 夜10時~午前2時…

    詳しく見る >
トップへ