眠りレシピ&コラム

  • 深く呼吸をする

    2016.10.27

    人は緊張すると呼吸が浅くなります。呼吸が浅いと、 十分な酸素が脳に行き届かず、集中力に欠けたりやる気が 出ないなどの弊害があると言われています。 呼吸法はさまざまありますが、…

    詳しく見る >
  • お部屋の温度・湿度

    2016.10.27

      寝室の温度は、冬は15℃、夏は25℃、湿度は50%程度が理想的。 エアコンは就寝1時間後に消えるように、また起床1時間前につくように タイマーセットするとよいで…

    詳しく見る >
  • 寝室の環境を整える

    2016.10.27

        質の良い眠りのためには、寝室の環境を整えることが一番大切。 具体的には、部屋の広さ・温度や湿度・音・光・色彩・香り・セキュリティなどが挙げられます…

    詳しく見る >
  • 睡眠は、美容と健康に欠かせない成分の…

    2016.10.27

    睡眠中には、さまざまな細胞が活発に働きます。 その代表が、疲労回復や肌の再生を促してくれる成長ホルモン。 この成長ホルモンがもっとも活発に分泌されるのは、 夜10時~午前2時…

    詳しく見る >
  • 入浴と体温のカンケイ

    2016.10.27

        カラダの内部の温度(深部体温)が下がると、 人は自然と眠さを感じるようになると言われております。 皮膚から体外へ熱を放出させることで、 …

    詳しく見る >
  • 眠りは年齢とともに変化する

    2016.10.27

    中高年と呼ばれる年代になってくると、 深い眠りが減り、睡眠途中に目が覚めることも増加します。 朝早く目が覚めて起きてしまうのも高齢者の睡眠の特徴です。 このことを理解し、早く…

    詳しく見る >
  • お部屋に入る陽の光をコントロール

    2016.10.27

    地球の一日は世界共通で24時間で周っていますが、 人間の体内時計は実は約25時間で周っています。 朝の太陽の光は、この1時間の時差をリセットしてくれるので スッキリ目覚めたい…

    詳しく見る >
  • 寝返りによってバストの肉が流れてしま…

    2016.10.27

    睡眠中はリラックスしたいので、下着をつけるのに 抵抗を感じる女性も多いと思います。 ですが、睡眠中に下着のない無防備な状態でいると、 バストの皮膚が引っぱられてどんどんと形が…

    詳しく見る >
  • 寝すぎると疲れたり、頭が痛くなるのは…

    2016.10.27

    寝すぎによる頭痛の原因は、脳の血管によるものと 言われております。 寝ているときは脳がリラックスして緊張がゆるみ、 脳の血管が拡がるとのこと。拡がった血管が近くの神経などを …

    詳しく見る >
  • キャンドルを灯す

    2016.10.27

    キャンドルの炎には、心身をリラックスさせる 独特のリズムがあると言われています。 また、蛍光灯などの強い光は脳を覚醒させてしまいますが、 間接照明やキャンドルの落ち着いたあか…

    詳しく見る >
トップへ