眠りレシピ&コラム

  • 就寝前の温めがポイント

    2016.10.27

      スムーズに眠りにつき、ぐっすり眠るためには、寝る前の 体温調整がきちんとスムーズに行われるように促してあげることが大切です。 そのためには、就寝前に身体を効率よ…

    詳しく見る >
  • 湯船にお湯を張ろう

    2016.10.27

      できるだけ湯船にお湯を張って、ゆっくり浸かりましょう。 心身ともにリラックスできるのはもちろん、カラダを芯から温めることができます。 カラダの疲れが取れるだけで…

    詳しく見る >
  • 寝る直前までお酒を飲むのはNG

    2016.10.27

      寝付きを良くするために睡眠前に お酒を飲むという方も多いと聞きます。 確かにお酒を飲むと体温が下がり眠気を誘導しますので、 寝つきは良くなりますが、実はア…

    詳しく見る >
  • お部屋の明るさ

    2016.10.27

      お部屋の照明によってもリラックス度は変わってきます。 仕事や勉強部屋には青白いシャープな色合いの光が適していますが、 寝室にはぬくもりのある色合いのものがオスス…

    詳しく見る >
  • 健康でストレスフリーな体を保つ

    2016.10.27

      睡眠は、健康状態やこころの影響を受けやすいため、 体に不安があったり、ストレスなどを抱えた状態ではなかなか眠れません。 仕事や家事がおわったらゆっくりとくつろぎ…

    詳しく見る >
  • 睡眠時に体で何が起こっているの?

    2016.10.27

    1.呼吸 入眠とともに呼吸数は減り、ノンレム睡眠には緩やかに。 特に、深い眠りの時は、極端に少なくなります。 2.発汗 睡眠中は、体温を調節するために約コップ一杯もの汗をかきます。 …

    詳しく見る >
  • 38~40度くらいのぬるめのお湯に浸…

    2016.10.27

    熱いお湯が好きな人も少なくありません。 しかし、熱いお湯に浸かると、交感神経が 刺激されて興奮状態になりやすく、注意が必要です。 寝ようとしても目が冴えてしまい、なかなか寝つ…

    詳しく見る >
  • 昼寝は20~30分まで

    2016.10.27

      人間は睡眠不足でなくても、1日2回眠気のピークがやってきます。 最大のピークは真夜中過ぎから未明にかけて。 もうひとつのピークは、午後前半から中盤にかけて訪れま…

    詳しく見る >
  • 季節に合わせた寝室環境を整えよう

    2016.10.27

        夏に最適な環境とは? 夏の入眠に適した冷房の温度は26~28℃。 寝付いてから2時間程度はこの温度が保てるように タイマーをセットしておく…

    詳しく見る >
  • 下着は夜専用のものを使うのがベスト!

    2016.10.27

    寝るときにつける下着は、しめつけ感が少ないことが大切です。 しめつけない下着ならば、スポーツブラやノンワイヤーブラなどでも良いのでは? と思うかもしれませんが、それらの下着は仰向け…

    詳しく見る >
トップへ